maternity.com

妊婦さんが気をつける食事や運動について

妊婦さんの食事や不妊治療の方法はこちら

ご飯

食べてはいけないもの

妊娠中には食事に気を使わなければなりません。食べたら赤ちゃんに悪影響を与えてしまうものもあります。その際に食べてはいけないものなどをこちらで学んでみてはいかがでしょうか。

READ MORE
お灸

鍼灸院で不妊治療をする

不妊治療は鍼灸院で行うこともできます。不妊の原因に、ホルモンバランスの乱れや冷えなどもあるので、その症状に効く治療法などをこちらでご紹介します。不妊に悩んでいる方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

READ MORE
女性

良い産婦人科を見つける

赤ちゃんを生むなら、自分に合った良い産婦人科で生みたいですよね。こちらでは、大阪で産婦人科を探している方におすすめの産婦人科をランキング形式でご紹介します。また、大阪で受けることのできる体外受精についても記載しております。

READ MORE
食事

食べて良いもの

妊娠中に食べても大丈夫なものや、調理をすることで食べることが出来るようになる食材についての情報をご紹介します。こちらでその食材について知り、妊娠中の食事の幅を広げるヒントにしてみてはいかがでしょうか。

READ MORE

妊婦さんの注意すること

カウンセリング

妊娠中に摂取するカロリー

女性が1日に必要な摂取カロリーは、運動をしない方は1500kcalです。適度に運動をする方は1750kcalです。妊婦さんは、それぞれの摂取カロリーに350kcal足して摂取するとよいでしょう。また、赤ちゃんに母乳を与える期間の場合は600kcalプラスします。

妊娠中に摂取すべき栄養素

妊娠中は、必要な栄養素があります。特に妊娠初期に取るべきなのは葉酸です。免疫力も低下してしまうので亜鉛もしっかり取るようにしましょう。鉄分も重要です。妊娠中は赤ちゃんに鉄分を持って行かれてしまうため、普段よりも多く摂取するように心がけましょう。カルシウムも赤ちゃんの骨を作るために必要なので積極的に取るようにしましょう。

妊娠生活で気をつけること

妊娠初期は激しい運動を避ける

妊娠初期は、ホルモンバランスや体調なども安定していない時期です。この時期にはあまり激しい運動は行わないことをおすすめします。もし運動をしたいという方は、医師に相談をしましょう。妊娠初期でもできるストレッチなどを教えてくれる可能性があります。妊娠5ヶ月目くらいからは、マタニティヨガなどを行っても問題ない時期になります。しかし、無理はせずに自分のペースで運動を行うようにしましょう。

妊娠中は食事に気をつける

妊娠中は、食事に気を使うことも大切です。鉄分やビタミンなどは、不足してしまいがちになるので積極的に食事に取り入れましょう。しかし、食べすぎてはいけません。また、食中毒の恐れのある生物や、カフェインの多い飲み物、添加物の多いインスタント食品などは避けることをおすすめします。

アルコールや喫煙はしない

アルコールを摂取したり、喫煙をしてしまうと赤ちゃんに悪い影響を与えてしまいます。また、近くにタバコを吸う方がいる場合はその副流煙にも気をつけなくてはいけません。喫煙所やタバコを吸っている人の多い空間は避けるようにしましょう。

サプリメントの服用に気をつける

妊娠中は、体調が悪いからといって風邪薬やサプリメントをすぐに使用してはいけません。その成分が赤ちゃんの成長に影響を与える可能性もあるので、きちんと医師に相談してから使用するようにしましょう。

ペットからの感染症に注意する

免疫力が低下してしまう妊娠中は、風邪や感染症の対策もしなければなりません。自宅でペットを飼っている方は、糞や尿を片付ける際は手袋やマスクをするようにしましょう。また、人混みを避け、外に出る際はマスクをすることをおすすめします。

[PR]

大阪で体外受精をしたいならココ!
駅から3分で行けるから便利♪

名医に不妊鍼灸を依頼
評判の高いクリニックを厳選特集♪

大阪で婦人科医院を探しているなら注目
質の高い治療を多数提供中!

大阪で不妊鍼灸の専門医院を受診
優良クリニックを厳選まとめ☆

妊婦さんと赤ちゃんの健康を維持するために食事管理はとっても大切!
足りない栄養を補えると人気の高いサプリをcheck!

体外受精について

大阪には、体外受精を行うことのできる病院があります。体外受精は不妊の原因がわからない方や、不妊治療を行っていても妊娠することができない方など、不妊にお悩みの方が受けています。体外受精を行った方の意見や、体外受精に関する疑問をQ&A方式でお伝えします。

体外受精を受けた方の口コミ

主人と一緒に受けました

5年ほど不妊期間が続いていたので、思い切って主人と一緒に体外受精を行うことを決めました。いろいろと不妊治療を行ったのですが妊娠することができず悩んでいたのですが、体外受精で状態の良い受精卵を選んでもらい、きちんと妊娠することができました。

男性不妊でした

不妊治療を行っている途中に、原因は男性不妊だとわかりました。自然に妊娠することは難しいと聞き、体外受精を行いました。また、医師に血流を良くした方が良いと教えてもらいホットヨガなどを行い、食事などにも気を使っていました。大変なことも多かったですが、今はお腹に赤ちゃんがいるので頑張ってよかったなと思います。

体外受精のQ&A

体外受精で受精卵を1つだけ戻すのはなぜ?

受精卵を2つ戻すことで妊娠の確率を上げたりすることはできますが、どちらも着床し双子ができた場合にリスクがあります。死産率が上がってしまったり、脳に障害ができてしまう可能性もあるので、受精卵は1つだけ戻す方が胎児のためにもなるのです。

運動はしてもいいのか?

採卵は体に細い針を刺して行うので、当日の運動は避けるようにしましょう。次の日は通常通りの運動を行っても問題ありません。受精卵を戻した日は、その日から運動を行っても良いでしょう。しかし、感染症を防ぐため、温泉やプールなどは避けるようにしましょう。

[PR]

広告募集中